サプリメントは栄養を補う栄養補助食品

サプリメントは栄養を補う栄養補助食品

サプリメントとは、食事だけでは不足しがちな栄養素を補うための栄養補助食品です。

 

健康維持や美容のために、サプリメントを使っている人も近頃は多いようです。

 

サプリメントが法外な価格で売られていることや、サプリメントの宣伝が過剰になっていることが問題になっているようです。

 

サプリメントが法律で定義づけられているのがアメリカですが、日本のサプリメントの定義はきちんと決まっていません。

 

サプリメントは食品として商品化されているのが、日本です。わかりやすい違いがサプリメントと食品にはあります。

 

一般的な食品とサプリメントとは形状も違いますし、配合成分も違いますし、保存性も違います。

 

食品を摂るのと同じような気分でサプリメントを使っていると問題が起きやすいのは、つい過剰に摂取してしまったり薬との飲み合わせが良くないことがあった場合です。

 

普通の薬の扱いほど厳密にしなければならないわけではありませんが、知識や情報がサプリメントを摂取する場合にはある程度不可欠となります。

 

日本で特定保健用食品や栄養機能食品として認定されているのが、サプリメントのうちの一部の商品です。

 

サプリメントはそれ以外は食品として商品化されています。

 

特定の症状に有効であるような商品表示は、サプリメントは食品なので薬のようにしてはいけないことになっているので注意しましょう。